葉酸の歴史を調べる

 

葉酸が発見されたのは、1931年のイギリスとなります。

最初は野菜からの発見ではなく、酵母の中から貧血を防止する成分がある事がわかったとされています。葉酸と命名づけられたのは1941年のアメリカとなります。

 

ホウレン草の中に、上記の酵母と同じ貧血を防止する成分があるという事がわかり、その栄養素を葉酸と名付けた事が始まりとなります。

その時から、葉酸の化学合成にも成功しており、人工的に葉酸を作り出すことができるようになったと言われています。ビタミンB群の中では、9番目に発見されたため、葉酸の事をビタミンB9と呼ぶ場合もあります。

 

この葉酸が、胎児の神経管閉鎖障害を予防することができるという事がわかったのは、比較的新しい歴史であるとされています。

 

葉酸サプリを摂取することで全ての神経管閉鎖障害を予防することが出来るわけではないのですが、神経管閉鎖障害を防ぐことができるとされている栄養素となりますから、妊活中の女性は葉酸サプリの摂取をお勧めします。

 

まさか自分の子どもが奇形になってしまうなんて、考える人の方が少ないかと思いますが、1万人の中の数人であったとしても、奇形児が生まれてきてしまう可能性を少しでも抑えることができるのであれば、葉酸サプリを摂取し、後から葉酸サプリを摂取すればよかったと思ってしまうようなことがないようにしましょう。

 

神経管閉鎖障害の場合、妊娠初期に流産をしてしまう事が多いのですが、流産は初期であっても、母親の精神的ダメージは大きい物ですから、流産のリスクを減らすことが出来るようにしましょう。

 

 

葉酸の歴史を調べる関連ページ

食べ物から葉酸を摂取する
たとえ食べ物の中から、葉酸を多く含む食品を口にしたとしても、食品の中に含まれる葉酸を、全て体内に取り込むことができるわけではないため、葉酸は、食品から摂取するよりも、葉酸サプリから摂取した方が、効率よく体内に葉酸を取り込むことが出来るとされています。
葉酸が豊富に取れるレシピとは
最近ではサラダホウレン草と呼ばれる、茹でずにそのまま食べる事ができるホウレン草も出回っていますし、肉料理の上に、カイワレ大根をのせるなど、少しずつでも、食事の中から葉酸の摂取を意識してみると良いでしょう。
葉酸はどのように吸収されるのか
ですが、胃が弱い人の場合、胃の中に何も入っていない状態で、葉酸サプリを摂取すると、胃酸が多く分泌されてしまい、胃が荒れてしまう事がありますから、そのような人の場合には、食後の摂取にしましょう。
葉酸が不足している人の割合とは
葉酸サプリを摂取することで、神経管閉鎖障害を予防することが出来るのですが、葉酸サプリの摂取をしている人のなかで、正しく葉酸サプリを摂取することが出来ている人は、全体のおよそ2割程度しかいないとされています。
ビタミンB群の特長とは
ビタミンB群は、水溶性である物もあり、水溶性であるビタミンB群は、尿と一緒に排出されてしまうため、頻繁に摂取をしなければいけません。 そのため、毎日の食事の中からや、葉酸サプリなどのサプリメントを活用し、継続して体の中に補給してあげる事が大切です。ビタミンB群は様々な食品に含まれていますが、レバーや鶏肉そして緑の野菜に多く含まれていますから、意識して摂取を心掛け、いつでも体調を整える事ができるようにすると良いでしょう。