妊娠と葉酸記事一覧

c妊娠をしているからといって、2人分の食事を摂取する必要はなく、普段から体に必要となる栄養素をバランスよく摂取することができていれば、問題ありません。カロリーとしては、一般女性が1日に必要なカロリーは、1500キロカロリー程度であるとされていますが、妊娠をしている女性の場合、妊娠初期の場合には、プラス50キロカロリー程度、中期の場合には、プラス250キロカロリー程度、後期の場合には、プラス500キ...

葉酸が不足することで、起こる妊娠中の症状としては、胎児に表れる、神経管閉鎖障害だけではありません。神経管閉鎖障害は、自分では気が付かないところで、胎児の奇形が起こってしまう場合が多いのですが、胎児にだけではなく、母体に起こる影響もあります。葉酸が不足することで、母体に表れてしまう事が多いとされているのが、貧血です。鉄分が不足することで、起こる貧血と、葉酸が不足することで起こる貧血があり、葉酸が不足...

妊娠中には、バランスの取れた食事と、葉酸サプリの摂取が非常に大切だとされていますが、日頃口にしている物でも、妊娠中には、害となってしまうような物もあります。妊娠中に控えた方が良いとされる食品としては、カフェインを多く含む食品です。コーヒーなどに多く含まれているカフェインですが、妊娠中に多量に摂取することで、胎児の発育を遅らせてしまうとされているため、妊娠中は、ノンカフェインの飲み物に変更する必要が...

妊娠初期から葉酸サプリの摂取を開始した人の場合、初期を超えたら葉酸サプリの摂取を終えても良いのではないかと考える人も少なくありません。ですが、葉酸は、妊娠中は継続して摂取をする事をお勧めします。妊娠初期に葉酸サプリを摂取することで、胎児に、神経管閉鎖障害が起きてしまうリスクを回避できたとしても、妊娠中は、葉酸欠乏症になりやすいですし、胎児は体の中の様々な臓器を作り出している真最中となりますから、細...

葉酸が胎児に必要な時期とされているのが、妊娠3ヶ月までとなっています。その後も葉酸は胎児を作り出すために有効となるのですが、妊娠3ヶ月までに葉酸を摂取していた女性の場合、神経管閉鎖障害を予防することが出来るとされています。ですが、妊娠は、早くても気が付く時には、2ヶ月を超えている事になりますし、3ヶ月になってからようやく妊娠に気が付くという人も多くいます。3ヶ月ごろ妊娠に気が付き、葉酸サプリの摂取...